設備経革広場TOPページへ
   
 

んにちは、初めまして設備屋の娘のせつ子です。
ここではIT系の会社に勤めている私と、設備会社の社長をしている
父との日常のやり取りを日記形式で掲載していきます。

最近、パソコンの事で父に協力を求められることが多くなって大変です。
父は大の機械音痴だし、私は設備に関する知識が全くないです。

そんな二人のやり取りを「設備経革広場」でご紹介しちゃいます。
私の日常についても、色々ご紹介しますので良かったら見て下さいね。

 


2011年 7月

2011年 6月

2011年 5月

2011年 4月

2011年 3月

2011年 2月

2011年 1月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年 9月

2010年 8月

2010年 7月

2010年 6月

2010年 5月

2010年 4月

2010年 3月

2010年 2月

2010年 1月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年 9月

2009年 8月

2009年 7月

2009年 6月

2009年 5月

2009年 4月

2009年 3月

2009年 2月

2009年 1月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年 9月

2008年 8月

2008年 7月

2008年 6月

2008年 5月

2008年 4月

2008年 3月

2008年 2月

2008年 1月

2007年12月

2007年11月

 

◎2011-8-26: 富士登山 その1

まつ子です。

おととし、せつ姉が登った富士山に、 私もチャレンジしてきました!

>> せつ姉の富士登山 その@はこちら
>> せつ姉の富士登山 そのA、そのB

実は私、富士山は2回目のチャレンジ。
去年、高山病になって
本七合目で悲しくも下山してしまったので…(@_@。
今回は富士リベンジですっ!!!

私が登るのは、去年もチャレンジした須走ルート。
静岡県側にあるルートで、人が少ないのでゆっくり登れます。

今回は山小屋で休まない予定なので、
夜から登り始めてノンストップで頂上を目指す予定です!
富士登山
すでに標高は2000m!
真っ暗な中、ヘッドライトをつけて、いざ出発!

足元や周りの風景がよく見えなくて
歩くのが大変だったけど、空には星が☆

そして夜景も!!!

富士山から見る夜景、最高です!
富士登山
ぼやけててよくわからない…?

装備も万全、気持も万全!
今回こそは、高山病にならずに登頂するぞ!

そんな意気込みで、
なんとか、なんとか、七合目まで来ました。
時刻は午前1時!

五合目で仮眠をとったはずなのに、
強烈な睡魔が襲ってきました…

ちょっとベンチで仮眠を…

もう無理でした…

登山に無理は禁物。
無理して、また高山病になっては元も子もない!

頂上でのご来光をあきらめて
七合目の山小屋に泊まることにしてしまいました(=_=)

去年この山小屋に泊まって高山病になったような…


続きは次回に (*^_^*)/~~~

________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

◎2011-8-9: 涼をお届け♪

まつ子です。

こんな所に行ってみました。 さて、どこでしょう?
等々力渓谷

都内なんです!世田谷区、車が行き交う環八の玉沢橋。
等々力渓谷
その下に降りると…

こんな景色が!
等々力渓谷
等々力(とどろき)渓谷です。

少し降りただけなのに、すでにひんやり♪
等々力渓谷
上とは気温が5〜6度違うとか。

川のせせらぎや野鳥の声を聞きながら
等々力渓谷
谷沢川に沿って散策路を歩きます。

白いつゆ草を初めて見ました。
等々力渓谷
トキワツユクサというそうです。

いーっぱい。
等々力渓谷

途中には、横穴古墳や弁天堂、
弘法大師・空海の幼児期の像が安置されている稚児大師御影堂、
日本庭園、小さなお茶屋さんもありましたよ。

綺麗な苔!
等々力渓谷
都内であることを忘れそうな雰囲気です。

渓谷の中ほどには稲荷大明神。 右の赤いのぼりです。
等々力渓谷

隣に不動の滝があります。湧水です。
等々力渓谷
昔は水量が豊かで、その音が渓谷に響いたことから、
地名「とどろき」の由来となったと伝えられています。
そばの階段を上っていくと、等々力不動尊があります。


約1kmの渓谷、桜や紅葉の季節も美しいとのこと。
等々力渓谷
その頃にもまた行きたいな〜 (*^_^*)



そうそう、小さな青い柿の実を見つけました。
等々力渓谷

「桃栗3年、柿8年…」

建築家の安藤忠雄さんが実行委員長を務める「桃・柿育英会 東日本大震災遺児育英資金」に、賛同の輪が広がっているそうです。

>> 震災遺児支援、賛同の輪 桃・柿育英会に9千人寄付希望(asahi.com)

 
 
 
 
 
  (C)2006 全国設備業IT推進会