設備経革広場TOPページへ
   
 

んにちは、初めまして設備屋の娘のせつ子です。
ここではIT系の会社に勤めている私と、設備会社の社長をしている
父との日常のやり取りを日記形式で掲載していきます。

最近、パソコンの事で父に協力を求められることが多くなって大変です。
父は大の機械音痴だし、私は設備に関する知識が全くないです。

そんな二人のやり取りを「設備経革広場」でご紹介しちゃいます。
私の日常についても、色々ご紹介しますので良かったら見て下さいね。

 


2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 9月

2011年 8月

2011年 7月

2011年 6月

2011年 5月

2011年 4月

2011年 3月

2011年 2月

2011年 1月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年 9月

2010年 8月

2010年 7月

2010年 6月

2010年 5月

2010年 4月

2010年 3月

2010年 2月

2010年 1月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年 9月

2009年 8月

2009年 7月

2009年 6月

2009年 5月

2009年 4月

2009年 3月

2009年 2月

2009年 1月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年 9月

2008年 8月

2008年 7月

2008年 6月

2008年 5月

2008年 4月

2008年 3月

2008年 2月

2008年 1月

2007年12月

2007年11月

 

◎2012-1-25: 京の冬の旅

まつ子です。

京都に行きました。

すると、「第46回 京の冬の旅」が始まっていました。
46回にもなるのに、私は初めて知りましたが… (・_・)

イベントの一つに「非公開文化財特別公開」とありまして、
普段は見学できない文化財を期間限定で特別公開している、
というではありませんか!

五重塔の中に入れるの? ワクワク )^o^(
そんなわけで、世界遺産・東寺へ。
東寺
広くはない空間には、
大日如来に見立てた太い心柱を背に、
東西南北に向かって4体の如来像が安置されています。
柱には曼荼羅、壁には龍や蓮池が描かれていて、
ちょっと異空間に迷い込むような感覚がしました。


さらに良かったのは、東福寺の三門です!

禅宗寺院の三門としては日本最古で最大の門だそうですが、
その中には宝冠釈迦如来像や十六羅漢像がずらーっと安置され、
極彩色の天井画が描かれていました。
東福寺
ものすごく急な階段を、手すりにしがみつきながら登りましたが、
吹きっさらしですし、高さ約22メートルといいますから、
なかなかのスリルでした (*^_^*)

登ってしまえば、楼上をぐるりと一周でき、
京都市内を一望できる、とても気持ちの良い眺めでしたよ♪


おまけ☆
東福寺・万丈庭園では、
東山魁夷が「“京洛四季”東福寺の庭」に描いた
市松模様の庭も見ることができ、感激でした!
東福寺


「第46回 京の冬の旅」 3/18(日)まで。
様々なイベントが開催されています。
※東福寺の特別拝観は、2/29(水)まで。

 

________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

◎2012-1-11: 江ノ島へ!

まつ子です。

新年あけましておめでとうございます!
本年もよろしくお願いいたします。

今年の干支にちなんで、龍伝説のある江の島へ行ってきました。
江の島

日本三大弁天の一つ、江島神社の参道をずんずん登ります。
江の島
ちょっと龍宮城みたい。

辺津宮、中津宮と進んで、奥津宮へ。
境内には龍宮(わだつみのみや)が!
江の島
龍宮大神を祀っています。

江島神社発祥の地と言われる江の島岩屋の最奥では…
江の島

龍神が唸っていました。ゴオォォォ(*^o^*)
江の島

晴れていたので遠くに富士山も見えたり♪
江の島

日向ぼっこで、ぬくぬくになってる猫に出会ったり、
江の島
穏やかで気持ちのいい江の島散策となりました。

2012年が皆様にとって、良い年となりますように☆

________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 
 
 
 
  (C)2006 全国設備業IT推進会