設備経革広場

TEL:03-5821-9761

お問い合わせ

コラム

全国設備業IT推進会の技術アドバイザー 坂林和重先生
技術アドバイザー坂ちゃんのコラム 第214回

引き寄せの法則

全国設備業IT推進会の技術アドバイザー坂林和重先生
当会の技術アドバイザー
坂林和重先生
株式会社日本技術サービス代表
「電気と資格の広場」代表幹事

自己啓発の書籍には、引き寄せの法則が紹介されています。引き寄せの法則とは、自分の願っているものを強くイメージすると必要な情報や機会を見つけるという法則です。

例えば、ソフトバンクの孫正義氏は、創業当時から「1兆円、2兆円」と売り上げを計算する会社を思い描いていました。野球の大谷翔平氏は、米国メジャーで活躍する事を夢見て野球の練習をしました。そして夢を実現しました。

このように、引き寄せの法則を使って、目的を達成する人が多くいます。この引き寄せの法則が、何か怪しい魔法だと疑う人がいますが、この法則には根拠があります
人間は、新車症候群で説明されるように何か欲しい物があると、欲しい物を街中でよく見かけるようになります。それは、人間が物を見るのは、目で見るのでなく脳で見るからです。
すなわち、目の網膜に投影された画像のうちで脳が必要と判断した情報だけが処理されるのです。だから、脳が強く欲しいと願う情報が引き寄せられるのです。

さて、資格試験です。難関資格を受験する貴方は、合格方法を探し、自分が合格する事を強く願う事です。そうすれば、合格に必要な情報が、引き寄せの法則によって貴方に集まってきます。夢にも「不合格になるかもしれない」などと考えない事です。不合格になる事を考えると、不合格になる方法を引き寄せてしまいます。
合格を目指す貴方は、『合格できる』と自分を信じて頑張ってください。

では、最速合格テクニックで、最短合格を目指しましょう。

--------------------------------------------------------------------------------
弊社から新しい本が出ました。

【技術士参考書】2019年度 新・試験制度対応の参考書

ついにJESから新・試験制度対応の参考書がでました。JESの講師陣に協力を得て2019年度の新・試験制度で合格するための技術論文作成法を記述しました。
1人でも多くの人に合格して頂こうと考えています。

購入して頂ける人は、Amazonから予約(←ここをクリック) ここから可能です。

【1】新刊
技術士第二次試験 合格する技術士論文の書き方「技術士第二次試験 合格する技術士論文の書き方」

A5版 約250頁
本体価格2,500円+税
2019年度 新・試験制度対応参考書の発売は、国内初です。

●大公開!全部門対応「三分割展開法」と必勝法
●筆記試験の全てが記述式で実施されます。
●重要性が高まった「論文」の書き方を詳しく解説!



【電気の資格 受験スケジュール】

  申込期間 試験日 その他
●1級電気工事施工管理技士 2月中旬~2月下旬 学科試験:6月中旬
実地試験:10月中旬
合格証明書交付申請:
2月上旬~2月中旬
合格証明書交付:3月中旬
●2級電気工事施工管理技士 7月上旬~7月中旬 試験実施:11月中旬 合格証明書交付申請:
2月上旬~2月中旬
合格証明書交付:3月中旬
電験3種 5月中旬 9月上旬 申込は、インターネットと郵送がある。
第1種電気工事士 7月初旬 筆記試験:10月上旬
技能試験:12月上旬
 
第2種電気工事士 3月中旬 筆記試験:6月上旬、10月上旬
技能試験:7月下旬、12月上旬
年2回実施

全国設備業IT推進会とはサービス内容推進メンバー登録組合リストプライバシーサイトマップお問い合わせ