設備経革広場

TEL:03-5821-9761

お問い合わせ

コラム

全国設備業IT推進会の技術アドバイザー 坂林和重先生
技術アドバイザー坂ちゃんのコラム 第218回

タイプ別勉強の進め方

全国設備業IT推進会の技術アドバイザー坂林和重先生
当会の技術アドバイザー
坂林和重先生
株式会社日本技術サービス代表
「電気と資格の広場」代表幹事

今回は、勉強の進まない人のタイプ別に、勉強が進まない理由とその対策を解説します。
1、自分に自信のある人
このタイプの人は、自分に自信があるので周りのアドバイスを受け入れません。
そのため、効率的に勉強が進んでいません。博士や国際特許を持っている人や、会社の役員部課長に多いタイプです。
対策としては、今までの成功体験を忘れて初心に帰って一から勉強してください。

2、自分に何が不足しているか理解できていない人
このタイプの人は、自分ひとりで勉強している人です。一人で勉強していると誰もアドバイスをしてくれませんので、勉強の効率も良くありません。アドバイスの有無で労力に10倍以上の差が出ます。
対策としては、セミナーに参加するか、受験指導の経験ある現役の技術士にアドバイスをもらってください。

3、計画を立てないで勉強する人
このタイプの人は、どれだけ勉強するか目標を持っていません。そのため、適切な勉強量でなく「部分的な勉強過多で時間不足」または「基礎力の勉強過少」となります。(多くは、必要な勉強が不足しています)
対策としては、自分で勉強計画を立てられなければ、セミナーに参加するか、他の合格者の勉強計画をまねるのが良いです。

4、計画を実行できない人
このタイプの人は、自分に言い訳するのがうまい人です。例えば「今日は仕事で疲れているから」「出張中で勉強できない」「急ぎの仕事がある」「帰宅時間が遅くなった」など理由をいくらでも考えつく人です。
対策としては、セミナーなどの勉強会に参加することです。同じ条件でも勉強している人がたくさんいます。自分と同じ条件でも勉強している人を参考にしてください。

さて自分(あなた)は、どのタイプに当てはまりますか?
参考にして下さい。

では、最速合格テクニックで、最短合格を目指しましょう。

--------------------------------------------------------------------------------
弊社から新しい本が出ました。

【技術士参考書】2019年度 新・試験制度対応の参考書

ついにJESから新・試験制度対応の参考書がでました。JESの講師陣に協力を得て2019年度の新・試験制度で合格するための技術論文作成法を記述しました。
1人でも多くの人に合格して頂こうと考えています。

購入して頂ける人は、Amazonから予約(←ここをクリック) ここから可能です。

【1】新刊
技術士第二次試験 合格する技術士論文の書き方「技術士第二次試験 合格する技術士論文の書き方」

A5版 約250頁
本体価格2,500円+税
2019年度 新・試験制度対応参考書の発売は、国内初です。

●大公開!全部門対応「三分割展開法」と必勝法
●筆記試験の全てが記述式で実施されます。
●重要性が高まった「論文」の書き方を詳しく解説!



【電気の資格 受験スケジュール】

  申込期間 試験日 その他
●1級電気工事施工管理技士 2月中旬~2月下旬 学科試験:6月中旬
実地試験:10月中旬
合格証明書交付申請:
2月上旬~2月中旬
合格証明書交付:3月中旬
●2級電気工事施工管理技士 7月上旬~7月中旬 試験実施:11月中旬 合格証明書交付申請:
2月上旬~2月中旬
合格証明書交付:3月中旬
電験3種 5月中旬 9月上旬 申込は、インターネットと郵送がある。
第1種電気工事士 7月初旬 筆記試験:10月上旬
技能試験:12月上旬
 
第2種電気工事士 3月中旬 筆記試験:6月上旬、10月上旬
技能試験:7月下旬、12月上旬
年2回実施

全国設備業IT推進会とはサービス内容推進メンバー登録組合リストプライバシーサイトマップお問い合わせ