設備経革広場

TEL:03-5821-9761

お問い合わせ

FutureOne株式会社

設備工事業向け基幹業務システム FUTUREONE Hyb

設備工事業向け基幹業務システム

InfiniOne Project

設備工事業にて必要な個別原価管理を搭載

複数のビジネスモデルに対応

部門対応・内部統制・各種計上基準対応などの共通機能に対し、販売・購買・在庫・原価計算・債権・債務の基幹業務機能と、さらに見積・引合・定期請求・実行予算・プロジェクト採算・事業予算などの個別業務機能をオールインワンとして提供致します。
設備工事業向け基幹業務システム FUTUREONE Hyb
特徴・機能
1. 複数事業・取引形態に対応
請負、物販、保守(サービス)業務などの様々な販売形態に対応可能です。
取引形態毎に売上基準、請求書発行基準など対応可能です。

設備工事業向け基幹業務システム FUTUREONE Hyb
2. 定期請求業務に対応
保守料請求、賃料・・・等といった各種定額サービスの請求管理に対応しています。
請求サイクルと売上サイクルは別管理できるので、1ヵ月毎、3ヵ月毎、半年毎・・・と請求・売上各々柔軟に設定可能です。
設備工事業向け基幹業務システム FUTUREONE Hyb
3. プロジェクト損益管理
受注ごとの損益、複数の受注や追加原価も含めた上位プロジェクト別の損益の把握が可能となります。
取り扱う原価要素は、材料費・外注費・労務費・直接経費等で、購買管理や在庫管理と連携して原価の把握をします。
設備工事業向け基幹業務システム FUTUREONE Hyb
4. 連携する会計システムを選ばない
連携する会計システムは選びません。導入済/同時導入/将来導入の如何に関わらず可能です。
複数事業やグループ間取引にも対応した仕訳データを作成することができます。

設備工事業向け基幹業務システム FUTUREONE Hyb
お問い合わせ・お申し込み

全国設備業IT推進会とはサービス内容推進メンバー登録組合リストプライバシーサイトマップお問い合わせ