設備業DX

設備業DX

コロナ禍でのITを活用した設備業DX推進

  1. 設備業の実態調査からニーズを把握、分析
  2. 設備業のIT活用した新しい現場づくりの提案
    ・現場で使えるモバイル・ITツールの情報収集と提案
    ・モバイル・ITツールの活用動画配信
    例)遠隔臨場、遠隔支援
  3. 設備業DX支援サイトの構築
  4. 設備業DX取り組み事例コンテストの企画・実施

DXとは?

DXとは「デジタルトランスフォーメーション(Digital Transformation)」の略語です。
「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」という概念で、2004年にスウェーデンのエリック・ストルターマン氏が提唱したとされます。

日本でも経済産業省が、「デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進するためのガイドライン」をまとめ、「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること。」と定義しています。

あらゆる産業において、新たなデジタル技術を利用してこれまでにないビジネスモデルを展開する新規参入者が登場し、ゲームチェンジが起きつつあります。こうした中で、各企業は、競争力維持・強化のために、デジタルトランスフォーメーション(DX)をスピーディーに進めていくことが求められています。

設備業DX

設備業DXに関するご相談を承ります。
お気軽にお問い合わせください。

関連コンテンツ