設備業テレワークツール集

設備業の方々が、事務所に行かずにテレワークを行うための便利なツールをまとめてご紹介します。
業務のテレワーク化推進にご参考にしていただければ幸いです。

テレワークとは

テレワークとは、ICT(情報通信技術)を活用し、時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方のことです。
※ Tel(離れて)とWork(仕事)を組み合わせた造語です。
テレワークは働く場所によって、自宅で働く「在宅勤務」、移動中や出先で働く「モバイル勤務」、 本拠地以外の施設で働く「サテライトオフィス勤務」があります。
テレワークのことを「リモート(=遠隔)ワーク」と呼ぶこともあります。

テレワーク

テレワークの効果

  1. BCP(事業継続計画)対策
    自然災害や感染症の流行などが発生した場合でも、テレワークの活用によって事業の継続・早期再開を行うことができます。テレワークを導入し、慣れておくことで、非常時にも影響を受けにくい組織を構築することができます。
  2. 離職抑止と人材確保
    育児や介護などで優れた人材が離職してしまうことを防ぎ、企業イメージの向上と共に多様な人材の確保も期待できます。
  3. 生産性・業務効率化の向上
    落ち着いた環境で作業に集中し効率よく仕事を進められることにより、労働生産性の向上が期待できます。モバイルワークでは移動中でも作業ができ、すきま時間を有効に活用できるので、業務の効率化が見込めます。
  4. コストの削減
    オフィススペースや拠点の削減、通勤交通費の削減、紙などの備品も使用頻度が減少するため、さまざまなコスト削減効果を期待できます。
  5. ワーク・ライフ・バランスの実現
    通勤時間の削減により時間を有効活用でき、家族と過ごす時間や資格取得・趣味などの自己啓発に取り組む時間も増え、ワーク・ライフ・バランスの実現に役立ちます。

関連コンテンツ